各話あらすじ

最終更新:2017年04月07日 11:48

ニンテンドー3DS用ソフト『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-』、物語のあらすじを紹介。

 

 

第1話 大いなる旅立ちの冒險

西洋レストラン「ラ・クワントス」で起きた英国人殺人事件その事件の容疑者は主人公である成歩堂龍之介。

被害者のそばにいたのは成歩堂だけだと複数の証人が証言している。

絶体絶命の状況の中、親友であり弁護士の亜双義の力を借りながら少しずつ真実に近づいていく。

 

 

第2話 友とまだらの紐の冒險

大英帝国に向かう蒸気船の中で起きた殺人事件。

またもや容疑者にされてしまう成歩堂だったが、そこで出会ったシャーロック・ホームズの力を借りながら真相に近づいていく。

この話からホームズとの共同推理が登場。

ホームズの迷推理はまさに天才的で、結論はピタリとあっているのだがそこに至るまでの推理で急に真実からそれていってしまう。

そのそれた推理を正しい方向に戻すのが共同推理の目的である。

 

 

第3話 疾走する密室の冒險

大英帝国に着いた成歩堂に早速弁護の依頼がくる。

その裁判はこのまま行くと弁護士不在のまま開廷してしまうらしい。

首席判事のヴォルテックスによると、簡単な裁判なのでまず負けないとのこと。

その弁護をうけるために中央刑事裁判所オールドベイリーに向かう成歩堂だったが、待っていたのは波乱の法廷劇だった。

 

 

第4話 吾輩と霧の夜の冒險

第3話の事件の翌日、新たな事件の依頼がヴォルテックスから下される。

その被告人とは、倫敦に留学している夏目漱石だった。

路上で女性が刺されたという事件だが、漱石本人も現場には自分と被害者の二人しかいなかったと証言している。

 

 

第5話 語られない物語の冒險

ホームズと顔馴染みの質屋が殺害された。

容疑者は第3話で証人として出廷したスリ・ジーナであった。

さらに、寿沙都の父親が病気で倒れたため、急遽寿沙都のみ日本へ帰国することになる。

 

 

Wikipediaより引用

 

この記事の訂正・意見を送る

この記事に関する、誤字、脱字、間違い、修正点など、ご指摘がございましたら本フォームに記入して、ご送信お願いいたします。
いただいた内容は担当者が確認し、修正対応させて戴きます。
また、個々のご意見にはお返事できないこと予めご了承ください。