ポケモン社は、現実世界でポケモンの収集や対戦ができるゲーム「Pokemon GO」を発表した
基本プレイ無料、アイテム課金あり、AndroidとiOSにて2016年サービス開始予定
開発には、Ingressを制作したNianticが担当

 

 

ポケモン社は、2015年9月10日、Android/iOS用新作ゲーム「Pokemon GO」を発表した。

本作は、スマートフォンの位置情報を利用したゲームで、現実世界でポケモンがいる場所を探し、移動し、ゲットするという、ポケモンの世界をそのまま体験できるようなゲームだ。

 

制作には、Ingressを制作したNianticが関わる。

(Nianticは2010年にGoogleの社内ベンチャーとして創立。位置情報ゲームのIngressなどのアプリケーションを世に出している。2015年8月に独立した。)

 

また、スマートフォンを起動せずともPokemon GOを遊ぶことができる「Pokemon GO Plus」というデバイスも発表。Bluetooth Low Energyを利用し、スマートフォンと連携し、ゲーム内情報を光と振動で確認できる他、ポケモン収集などの基本動作ができる。

Pokemon GO Plus

 

 

Pokemon GO プロモーション用動画

 

ポケモンGO ポケモンGO ポケモンGO ポケモンGO

 

Pokemon GO 公式サイト

 

 

現在、位置情報ゲームとして不動の人気を誇っているIngressを開発した会社が制作するとのことで、ゲームのクオリティはかなり期待出来そうです。

ウェアラブルデバイスの使いかたも上手いなぁと。Apple Watchなんかで代用とかも出来そうですし。

一部アイテム課金ということは、通常のモンスターボールは無料だけど、マスターボールは有料とかそういった感じでしょうか。

特定の地方限定のポケモンや、夜限定ポケモン、クリスマス限定ポケモンとか色々考えられそうですね。

発売が楽しみです。

コンテンツ

オススメのゲームソフト

Twitterフォローしてね!Twitter