ゴーストトリックについて

最終更新:2021年02月22日 13:23

ゴーストトリックについて

ゲーム仕様

ゴーストトリックは、2010年6月19日にカプコンから発売されたニンテンドーDS用ゲームソフト。ジャンルはミステリー。同年12月16日にはiOS(iPhone / iPod touch)移植版が発売された。

 ジャンル  アドベンチャー
 対応機種  ニンテンドーDS
iPhone
 開発元  カプコン
 販売元  カプコン
 人数  1人
 メディア  DS : DSカード
iPhone : ダウンロード
 発売日  DS : 2010年6月19日
iPhone : 2010年12月16日
 価格  DS : 5040円(税込)
iPhone : 2章まで無料、3章以降は有料
 対象年齢  CERO : B(12歳以上)
PEGI : 16+
 コンテンツアイコン  犯罪

 

 

システム紹介

トリツクとアヤツル

主人公はあらゆるモノにトリツクことができます。
主人公がなにかにトリツクと、トリツイたモノをアヤツルで動かしたりすることができます。

デンワで移動

主人公は電話線をつかって別の場所へ移動することができます。
移動するには事前に電話番号を入手していなければなりません。

死の4分前

死の4分前へ戻り、運命を変えることができます。

死者との会話

主人公は死者と会話することができます。

 

用語

死者のチカラ

特別な死者の魂が行使できる様々な能力のこと。個人差がある

コア

「死者のチカラ」を持つ者が「トリツク」ことのできる、物体の核。タマシイのある死体と、死の記憶が残っている者にも「コア」が発生し、レンケツすることで会話をすることができる。死者の世界には言語の概念が存在しないため、人外の者、外国人と会話することも可能である。

トリツク

使用可能者:チカラの所在者全員

「死者のチカラ」の一つ。物体に憑依することができる。しかし全ての物体に宿れるという訳ではなく、コアのある物でないと乗り移れない。更に、一定距離以上のコアにはトリツク事が出来ないという欠点もある。コアが近くに連なっていれば渡り歩く事で移動距離その物は伸ばせる。

アヤツル

使用可能者:シセル、クネリ

「死者のチカラ」の一つ。トリツいた物体を用途に合わせて動かすことができる。シセルの場合、重く大きいものは動かせないことが多い。壊れた「モノ」であっても壊れてなかった時の様に動かせるものの、シセルは死体をアヤツル事までは出来ない。

トリカエ(ル)

「死者のチカラ」の一つ。コア同士を繋ぐことにより、同じ形をしたモノの位置を入れ替えることができる。形が同じであれば、大きさや重量は無関係である。だが、その際にトリカエても自分の位置は変わらないという欠点もある。

レンケツ

使用可能者:チカラの所在者全員

「死者のチカラ」の一つ。(生死問わず)タマシイが宿っているコア同士、「トリカエ」を使える者なら同じ形の物体のコア同士を連結する事が出来る。ただし、「レンケツ」が出来る場合、そのコアに直接移ることは出来ないのが欠点。又、死者に生まれる青いコアにレンケツすることで、ハナス⇒「過去にモドル」となる。

過去にモドル

使用可能者:シセル

「死者のチカラ」の一つ。亡がらにトリツク事で発動、その者の死から4分前にタイムスリップすることができる。その者の死の経緯を確認でき、その経緯を頼りに死を未然に防ぎ状況を逆転させる事で、現在を更新することも可能である。運命が更新されても死んだ本人、運命を変えた者の記憶は残る。使用する際、チカラのあるないを問わず、近くのタマシイも一緒にモドル事が出来る。

デンワ線

使用可能者:シセル

「死者のチカラ」の一つ。電話に「トリツク」「アヤツル」ことで、自分の知っている電話番号の電話へ移動できる。水没した場合など、電話線が繋がってない場合は移動できない。過去の世界は通話中の時しか、それも通話相手の電話にしか移る事が出来ない。

 

その他

逆転裁判シリーズに登場する衣装や小道具を連想させるモノが随所に配置されており、会話内でも逆転裁判ネタが仕込まれている。

 

ゴーストトリック – Wikipediaより引用)

この記事の訂正・意見を送る

この記事に関する、誤字、脱字、間違い、修正点など、ご指摘がございましたら本フォームに記入して、ご送信お願いいたします。
いただいた内容は担当者が確認し、修正対応させて戴きます。
また、個々のご意見にはお返事できないこと予めご了承ください。

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, text, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)