ストーリー

最終更新:2014年06月07日 20:14

後述する二人の主人公の一方を「リーダー」に選ぶ事で序盤の導入部は異なる。途中で二つの物語は合流するが、最終的には異なる展開となる。

 

『ペルソナ3』サイド・序

3主人公が通う「月光館学園」文化祭が台風で中止に。仲間たち「特別課外活動部」が残念がっていると、どこからともなく怪しい鐘の音が聞こえる。彼らはベルベットルームごと異変に巻き込まれるが何とか持ちこたえる。しかし気が付くと、そこは別の高校の文化祭会場だった。事態の把握のために様子を伺っていると、同じ年代の高校生たちと、何かヘンな着ぐるみが主人公たちの前に現れた。

 

『ペルソナ4』サイド・序

4主人公と仲間たちが結成している「特別捜査隊」の面々が「八十神高校」文化祭を楽しんでいると、時計塔から鐘の音が聞こえる。八十神高校には時計塔など無いのだが、「鐘の音を最後まで聞くと命を落とす」という物騒なウワサがあったため主人公たちは「シャドウ」の仕業だと身構える。とりあえず高校内を捜索してみると、見慣れない学校の制服を来た同年代の高校生たちと機械少女を見つける。話を聞いてみると彼らも怪しい鐘の音を聞いて元いた学園からこの場所にいきなり来てしまったと言う。

 

合流

やがて「特別課外活動部」と「特別捜査隊」は異世界に飛ばされてしまう。「八十神高校」に酷似しつつ、有り得ない時計塔が立ち迷宮と化した世界からの脱出を試みる彼らの前に、記憶を失った少年・善と少女・玲が現れる。彼らと合流し、少年少女達は迷宮の最深部へと足を踏み入れるのだった。

 

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス – Wikipediaより引用

この記事の訂正・意見を送る

この記事に関する、誤字、脱字、間違い、修正点など、ご指摘がございましたら本フォームに記入して、ご送信お願いいたします。
いただいた内容は担当者が確認し、修正対応させて戴きます。
また、個々のご意見にはお返事できないこと予めご了承ください。

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, text, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)