ステージ一覧|新・復活・続投ステージまとめ

最終更新:2022年09月13日 16:40

スプラトゥーン3 ステージ一覧

スプラトゥーン3における、新ステージの特徴について解説しています。
スプラ1からの復活、スプラ2からの続投されるステージも掲載しているので、ぜひステージ攻略に役立ててください。

 

『スプラトゥーン3』からの新ステージ

ユノハナ大渓谷

ユノハナ大渓谷

煙突のように隆起した岩が特徴的なステージ、ユノハナ大渓谷。
ステージはかなり見渡しが良いので、チャージャーやストリンガーなどの遠距離武器が活躍しそうなステージです。

中心の網をどう使うかが、勝敗のカギになるでしょう。

 

ゴンズイ地区

ゴンズイ地区

バンカラ地方の中心部に位置する、移住区のゴンズイ地区。
障害物が多めなので、敵からの射線を切りやすいステージとなっています。

中心部には敵と味方陣営を繋ぐ橋があり、ここを制圧できるかどうかが重要になりそうです。

 

ナメロウ金属

ナメロウ金属

金属スクラップや廃車などが点在する、工業地帯ナメロウ金属。
高低差があまりなく、横に広いステージとなっているので、近距離ブキが活躍しそうなステージとなっています。

障害物も多いため、急な戦闘で勝てるかどうかが重要になりそうです。

 

マテガイ放水路

マテガイ放水路

バンカラ街の地下にある、水路を改装して作ったマテガイ放水路。
高低差や高い障害物が多く、これらをどう活かすかが勝敗のカギを握ると予想できます。

 

ヤガラ市場

ヤガラ市場

ステージ周辺が水辺になっているヤガラ市場。
イカたちはインク以外では泳げず水に落ちるとスタート位置に戻されるため、落ちないよう注意する必要があります。

かなりひらけたステージなので、敵からの射線をいかに切るかが重要になりそうです。

 

『スプラトゥーン1』から復活するステージ

キンメダイ美術館

キンメダイ美術館

ハイカラ地方にある、キンメダイ美術館。
各陣営から中央へと向かっていくステージとなっており、中央を制圧できるかが勝利のカギです。

各陣営に配置されている回る障害物も上手く使って、敵を倒していきましょう。

 

マサバ海峡大橋

マサバ海峡大橋

ハイカラ地方にある、マサバ海峡大橋。
縦に長いステージとなっており、チャージャーやストリンガーなどの射程が長いブキが活躍しやすい印象です。

金網エリアが長いので、ヒト加速のギアをつけると良いでしょう。

 

マヒマヒリゾート&スパ

マヒマヒリゾート&スパ

時間経過で水面が変化し、構造が変わる特殊なステージのマヒマヒリゾート&スパ。
ステージの至るところに水があり、落ちてしまうと溺れてスタート位置に戻されるため注意が必要となっています。

どこに水があるか、どこが変化するかを把握するのが大事です。

 

『スプラトゥーン2』から続投されるステージ

海女美術大学

海女美術大学

海女美術大学は、中央にある高台が印象的なステージ。
この高台を制圧できるかどうかが、勝敗に大きく関わってきます。

 

チョウザメ造船

チョウザメ造船

チョウザメ造船は、高台が多いステージです。
高所VS低所での撃ち合いは基本的に高所が有利なので、高台を上手く制圧していきましょう。

もし高台を取られている場合は、ボムを使って敵をクリアリングするのがおすすめです。

 

ザトウマーケット

ザトウマーケット

ザトウマーケットは、障害物や段差が多いステージ。
奇襲を仕掛けやすいステージなので、一つ一つの物陰を丁寧にクリアリングすることが重要です。

 

スメーシーワールド

スメーシーワールド

遊園地がそのままバトルステージとなっているスメーシーワールド。
中央の回転台から敵陣営に入り込めるので、この回転台を制圧できるかどうかが勝利のカギです。

 

ステージは、アップデートにて追加予定

ステージ アップデート

スプラトゥーン3でも今までのシリーズ同様、アップデートにてステージ追加予定。

ステージがどんどん追加されていって、よりスプラトゥーン3が盛り上がるのを期待したいです。

 

 

関連記事

スプラトゥーン3 攻略

攻略TOPへ戻る

ステージ

スプラトゥーン3 ステージ一覧
新ステージ一覧と復活ステージ
この記事の訂正・意見を送る下向き矢印

この記事に関する、誤字、脱字、間違い、修正点など、ご指摘がございましたら本フォームに記入して、ご送信お願いいたします。
いただいた内容は担当者が確認し、修正対応させて戴きます。
また、個々のご意見にはお返事できないこと予めご了承ください。

アップロードファイルの最大サイズ: 2 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, テキスト, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)