登場人物

脱出アドベンチャーゲーム「極限脱出 9時間9人9の扉」、物語に登場する主要人物を紹介。

 

 

登場人物紹介

淳平 (じゅんぺい)

バングルナンバー:5  21歳

 

大学に通うごく普通の学生。

船の中で出会った「紫」とは幼馴染みの関係だった。

プレイヤーは淳平となり、思考をめぐらせ、悪夢のようなこの船からの脱出を遂行しなければならない。

 

 

倉式 茜 (くらしき あかね) / 紫 (むらさき)

バングルナンバー:6  21歳

 

女子大生。

幼馴染みであった主人公の淳平と船の中で再会する。

清楚で奥ゆかしい性格の持ち主。天然でどじっ子キャラな一面も。

目の離せない妹的な存在でもある。

 

 

サンタ

バングルナンバー:3  24歳

 

マイペースで自己中心的な性格。

ときおり狡猾な面も見せる。

協調性があまりなく、単独行動を好む面も持ち合わせている。

 

 

四葉 (よつば)

バングルナンバー:4  18歳

 

高校を卒業したばかりの18歳の少女。

見た目どおりの小悪魔的なズルさを持つ。

共に閉じ込められている兄を心底頼りにしており、離ればなれになると錯乱状態に陥ることもある。

 

 

ニルス

バングルナンバー:2  24歳

 

知的な雰囲気の青年。四葉の兄。

実は目が不自由で「ゼロ」から点字で書かれた手紙を受け取っていた。

 

 

八代 (やしろ)

バングルナンバー:8  40代(自称)

 

かつてセキュリティソフトの会社に勤めていたアラフォーの女性。

そのわがままな性格から、しばしば議論の火種となる。

 

 

セブン

バングルナンバー:7  45歳

 

豪快、豪傑。

八代とはウマが合わないシーンも多数。

船内で目覚めるまでの記憶を失っているため、どのような職業についているのかなどは謎。

 

 

一宮 (いちみや)

バングルナンバー:1  50代半ば

 

常に紳士的で、立ち居振る舞いも優雅。

冷静で頼りがいのある、9人の中では父親的な存在。

 

 

9番の男

バングルナンバー:9  年齢不詳

 

非常に神経質で、臆病。

故に、船に閉じこめられ、命が危ういという事実に対し、だれより馴染めない。

 

トップへ