21

最終更新:2021年11月24日 17:23

当サイトは、PS4(VR対応)/Xbox One/PC用サバイバルホラーゲーム『バイオハザード7 レジデント イービル(バイオ7)』の攻略サイトです。

ここでは、DLC「Banned Footage Vol.2」の収録コンテンツ「21」ついて紹介しております。

 

21について

ジャックに捕らえられたクランシーのその後としてプレイすることになる。

ルーカス主催による、同じく拉致された犠牲者ホフマンと生死を賭けて対戦するカードゲーム(ブラックジャック)。

クリアすると「Survival」モードが、Survivalをクリアすると「Survival+」モードが解放される。

 

以下のトロフィーを獲得できる。

トロフィー「アイ・イン・ザ・スカイ」(【21】「21」をクリアする)

トロフィー「勝負師」(【21】「Survival」をクリアする)

トロフィー「ギャンブル狂」(【21】「Survival+」をクリアする)

 

 

基本ルール

交互にカードを引き、引いたカードの合計が「21」に近い方が勝ち。

21を超えてしまうと「バースト」となり、負けとなる。

お互いにバーストした場合は、21に近い方の勝ち。

お互いに同数の場合は、引き分けとなる。

 

カードの数字は1〜11、ダブりはなし。山札は共通。

また、様々な有利効果を持つ「SP(スペシャル)カード」を使用できる。

※場に出ているカードと同じ数字を引くことは無いので、相手の手札、山札に残っている数字をある程度推測することが出来る。

 

【ゲームの流れ】

  1. ゲーム開始。カードが2枚ずつ配られる。※1枚目のみ伏せられており、数字が分からない。
  2. 自分ターン:(SPカードを使用) → カードを引く or 引かない
  3. 相手ターン:(SPカードを使用) → カードを引く or 引かない
  4. お互いにSPカードを使わず、カードを引かない → 勝敗判定
  5. 罰を受け、次ラウンドへ。

 

 

攻略のポイント

元ネタとなるブラックジャックは確率に左右されるゲームだが、

このゲームでは運要素が少なく、どちらかと言うとパズルゲームに近い。

 

まず第一に対戦相手はCPU。ブラフを使わない。

相手の状況と行動(カードを引くor引かない)で、伏せられたカードの大小などはある程度推測できる。

例えば、配られたカードが■,10 → カードを引かない場合、■が大きい数字だと分かる。

 

SPカードを使えば、伏せられたカードを特定することもできる。

例えば、「ドロー系」(山札に残っている場合のみ、その数字のカードを引く)を使用して引けなかった場合、裏向きカードがその数字だと分かる。

相手カードを推測・特定すれば、おのずと山札に残ったカードも推測できる。

 

序盤はSPカードもあまり無いため運任せにもなるが、ゲームが進みSPカードが溜まってくれば運に頼らない戦い方ができる。

「ドロー系」や「リターン」(自分が最後に引いたカードを山札に戻す)などを駆使して、常に強い手を作り続けるようにする。

「エクスチェンジ」(お互いが最後に引いたカードを交換)で相手をバーストに追いやるのも一つの手。

SPカードはケチらずに使える時に使ってしまった方が良い。

 

 

攻略チャート

21

ストーリーモード。

全てのSPカードが使える訳では無く、運要素が強い。

 

【1試合目】

5本の指を賭けて勝負する。指が全て無くなると負け。

ラウンド毎に賭ける指の数が増える。

この時点ではSPカードが無く、運要素が強いので、ある程度強い手が出来れば無理に引かない方が良い。

相手の行動(カードを引くor引かない)と場に出ているカードから、裏向きカードをある程度推測できる。

 

【2試合目】

電気ショックのパワーを賭ける。メーターが10に到達すると負け。

ラウンド毎に賭けるパワーが増える。

ここからSPカードが追加されるが、使えるカードが少ないため運要素が強い。

※ベットアップ、ドロー系、リターン、リムーブのみ。

手札が21になった、相手がバーストしたなどで勝ち確の時は「ベットアップ」を使ってしまおう。

「ドロー系」を使用した際、表向きカードに存在しないのに引けなかった場合は、裏向きカードがその数字ということになる。

相手が「ドロー系」を使った時は、「リムーブ」(相手が最後に引いたカードを山札に戻す)が有効。

 

【3試合目】

スーパー残虐マシーンとの距離を賭ける。自分に到達してしまうと負け。

ラウンド毎に賭ける距離が増える。

2ラウンド目にSPカード「ラブ・ユア・エネミー」(相手に一番良い数字を引かせる)が配られるので、使用せずに取っておく

相手が負けそうになるとSPカード「パーフェクトドロー」(一番良い数字を引く)、「デスペレーション」(お互いの賭け数100、相手はカードを引けない)を使用してくる。

このタイミングで「ラブ・ユア・エネミー」を使用すると相手はバーストし、勝利できる。

 

<「21」プレイ動画>

 

Survival

5本の指を賭けて、5人に勝ち抜くモード。

全ての指を失うまでに全員倒せばクリア。

このモードからリワードで解放したSPカードが使用できる。

まずは何度かプレイし、リワードを解放していくと良い。

 

【1人目】

〈使用するカード〉

ドロー系

ベットアップ1

 

特殊な行動は取らない。

1人目だからといってSPカードをケチらず、チャンス/ピンチ時にはしっかりと使うように。

 

【2人目】

〈使用するカード〉

リターン

ハピネス

デザイア

マインドシフト

 

高めの数字で勝負してくる傾向がある。

「リターン」を使ってきたらバーストしているということ。裏向きカードをある程度推測できる。

「マインドシフト」はそのままにせず、ちゃんと除去するように。(※SPカード2枚使用、もしくはデストロイ系で除去)

勝負が長引くと「マインドシフト」等でどんどんSPカードが削られてしまうので、チャンス時は「ベットアップ」を使って早めに終わらせたい。

 

【3人目】

〈使用するカード〉

シールド

ゴール17

シールドアサルト

 

低めの数字で勝負してくる傾向がある。

たまに「ゴール17」を使用してくるので注意。(※他のゴール系で上書き可)

負けそうになると「シールド」を多用してくる。

「シールド」を3枚場に出すと高確率で「シールドアサルト」を使って墓穴を掘る。

 

【4人目】

〈使用するカード〉

ドロー系

ベットアップ1

 

行動パターンは1人目に近く、特殊な事はしてこない。

「ドロー系」を多用して21に近い手を出してくるが、その後にカードを引くためバーストしがち。

カードの推測・特定がしやすい。

 

【5人目(変異ホフマン)】

〈使用するカード〉

デストロイ+

ベットアップ2

ゴール17

カース

カンジャリング

 

1ラウンド目には必ず「カース」を使用してくる。バーストしてしまったら「リターン」や「ゴール系」等で対処。

2ラウンド目には必ず「カンジャリング」を使用してくる。相手自身の賭け数が+1されるので、「ベットアップ」を使って決めてしまいたい。

場にSPカードを多く出すと、たまに「デストロイ+」で掃除されてしまうこともあるので厄介。

 

<「Survival」プレイ動画>

 

Survival+

電気ショックのパワーを賭けて、10人に勝ち抜くモード。

メーターが10に到達するまでに全員倒せばクリア。

 

【1人目】

〈使用するカード〉

ベットアップ1

シールド

ゴール17

シールドアサルト

 

低めの数字で勝負してくる傾向がある。

たまに「ゴール17」を使用してくるので注意。(※他のゴール系で上書き可)

負けそうになると「シールド」を多用してくる。

「シールド」を3枚場に出すと高確率で「シールドアサルト」を使って墓穴を掘る。

 

【2人目】

〈使用するカード〉

ドロー系

ベットアップ1

 

「ドロー系」を多用して21に近い手を出してくるが、その後にカードを引くためバーストしがち。

カードの推測・特定がしやすい。

 

【3人目】

〈使用するカード〉

リターン

ハピネス

デザイア

マインドシフト

マインドシフト+

 

「マインドシフト」はそのままにせず、ちゃんと除去するように。

勝負が長引くと「マインドシフト」でのSPカード消費が痛いので、早めに終わらせたい。

「リターン」を使ってきた時は大体バースト。裏向きカードをある程度推測できる。

 

【4人目】

〈使用するカード〉

ベットアップ2

シールド

SPチェンジ+

ゴール17

シールドアサルト+

 

高めの数字で勝負してくる傾向。

たまに「ゴール17」を使用してくるので注意。

 

【5人目(変異ホフマン)】

〈使用するカード〉

デストロイ+

ベットアップ2

ブラックマジック

ゴール17

カース

カンジャリング

 

1ラウンド目には必ず「カース」を使用してくる。バーストしてしまったら「リターン」や「ゴール系」等で対処。

場にSPカードを多く出すと、たまに「デストロイ+」で掃除されてしまうこともあるので厄介。

勝負が長引くと面倒なので、早めに終わらせたい。

 

【6人目】

〈使用するカード〉

ドロー系

ハピネス

デザイア+

マインドシフト+

ゴール17

 

「マインドシフト+」が厄介。ちゃんと除去するように。

勝負が長引くとSPカードの消費が痛いので、早めに終わらせたい。

「ゴール17」を使ってきた時は元の手札がバーストしている為、除去すれば勝てる。

 

【7人目】

〈使用するカード〉

ドロー系

ベットアップ2

ベットアップ21

 

「ベットアップ21」で賭け数を増やされた時は、相手の手は確実に21ということ。

裏カードを特定でき、SPカードがあれば簡単に崩壊させることができる。

 

【8人目】

〈使用するカード〉

ベットアップ2

シールド

SPチェンジ+

ゴール17

シールドアサルト+

 

高めの数字で勝負してくる傾向。

たまに「ゴール17」を使用してくるので注意。

 

【9人目】

〈使用するカード〉

ドロー系

ベットアップ2

ベットアップ21

 

「ベットアップ21」で賭け数を増やされた時は、相手の手は確実に21ということ。

裏カードを特定でき、SPカードがあれば簡単に崩壊させることができる。

最終戦に備えて強力なSPカードを集めておきたい。

 

【10人目】

〈使用するカード〉

パーフェクトドロー+

アルティメットドロー

ベットアップ2+

デッドサイレンス

オブリビオン

 

「アルティメットドロー」や「パーフェクトドロー+」で強力な手を作り、「デッドサイレンス」を使用してくる厄介な敵。

「デッドサイレンス」を出されてしまうと、「デストロイ系」で除去もしくは「シールド系」で凌ぐしかない。

さらに、負けそうになると「オブリビオン」でラウンドを無効にする嫌らしい手も使ってくる。

勝ち確な状況を作れそうなら、先に「デストロイ++」を置いて対策してしまい、「ベットアップ系」を積んで一気に決めてしまおう。

 

【珍客(ビッグヘッド)】

〈使用するカード〉

エスケープ(ラウンド終了時に逃走)

 

7、9人目でランダム出現する。

倒すことでリワードを達成できるが、「エスケープ」を使用してすぐに逃げようとしてくる。

「エスケープ」を出されたら「デストロイ系」で除去、

もしくは「ベットアップ系」を積んで、そのラウンドで一気に倒してしまうと良い。

 

<「Survival+」プレイ動画>

 

 

SP(スペシャル)カード一覧

自分、相手共に使用できる

カード名 効果
ドロー「1〜11」 山札に残っている場合のみ、「1〜11」のカードを引く。
リターン 自分が最後に引いた表向きのカードを山札に戻す。
リムーブ 相手が最後に引いた表向きのカードを山札に戻す。
デストロイ 相手が最後に場に置いたSPカードを取り除く。
デストロイ+ 相手が場に置いたSPカードをすべて取り除く。
パーフェクトドロー 山札の中から、一番良い数字のカードを引く。
パーフェクトドロー+ 山札の中から、一番良い数字のカードを引く。

さらに場に置かれている間、相手の賭け数を5つ増やす。

アルティメットドロー 山札の中から、一番良い数字のカードを引く。

さらにSPカードを2枚引く。

ベットアップ1 SPカードを1枚引く。

さらに場に置かれている間、相手の賭け数を1つ増やす。

ベットアップ2 SPカードを1枚引く。

さらに場に置かれている間、相手の賭け数を2つ増やす。

ベットアップ2+ 相手が最後に引いた表向きのカードを山札に戻す。

さらに場に置かれている間、相手の賭け数を2つ増やす。

シールド 場に置かれている間、自分の賭け数を1つ減らす。
シールド+ 場に置かれている間、自分の賭け数を2つ減らす。
SPチェンジ 自分のSPカードをランダムで2枚捨てる。

さらにSPカードを3枚引く。

SPチェンジ+ 自分のSPカードをランダムで1枚捨てる。

さらにSPカードを4枚引く。

 

自分のみ使用できる

カード名 効果
デストロイ++ 相手が場に置いたSPカードをすべて取り除く。

さらに場に置かれている間、相手のSPカード使用を封じる。

ラブ・ユア・エネミー 相手は1枚カードを引く。

そのカードの数字は、相手にとって一番良い数字が選ばれる。

※「21」専用

ハーヴェスト 場に置かれている間、SPカードを使う度にSPカードを1枚引く。
エクスチェンジ 両プレイヤーがそれぞれ最後に引いたカードを交換する。
ゴール24 場に置かれている間、勝利条件を24にする。

他の「ゴール」系カードが場にある場合、それを取り除く。

ゴール27 場に置かれている間、勝利条件を27にする。

他の「ゴール」系カードが場にある場合、それを取り除く。

 

相手のみ使用できる

カード名 効果
ドロー「1〜11」+ 山札に残っている場合のみ、「1〜11」のカードを引く。

さらにSPカードを1枚引く。

ベットアップ21 場に置かれている間、自分のカード合計が21なら、相手の賭け数を21増やす。
デスペレーション 場に置かれている間、互いの賭け数が100上がる。

また、相手はカードを引けない。(SPカード使用時も不可)

ハピネス お互いにSPカードを1枚引く。
デザイア 場に置かれている間、相手のSPカード所持数の半分、相手の賭け数を増やす。
デザイア+ 場に置かれている間、相手のSPカード所持数だけ、相手の賭け数を増やす。
マインドシフト ラウンド終了時、相手のSPカードを半分捨てさせる。

ただし、相手がSPカードを1ターンで2枚使用すると場から取り除かれる。

マインドシフト+ ラウンド終了時、相手のSPカードをすべて捨てさせる。

ただし、相手がSPカードを1ターンで3枚使用すると場から取り除かれる。

ブラックマジック 自分のSPカードを半分捨てて、山札から一番良い数字を引く。

さらに場に置かれている間、相手の賭け数を10増やす。

ゴール17 場に置かれている間、勝利条件を17にする。

他の「ゴール」系カードが場にある場合、それを取り除く。

シールドアサルト 自分の場の「シールド」系カードを3つ取り除く。

さらに場に置かれている間、相手の賭け数を3つ増やす。

シールドアサルト+ 自分の場の「シールド」系カードを2つ取り除く。

さらに場に置かれている間、相手の賭け数を5つ増やす。

カース 自分のSPカードをランダムで1枚捨て、相手に山札から一番数字の高いカードを引かせる。
カンジャリング SPカードを3枚引く。

ただし場に置かれている間、自分の賭け数を1つ増やす。

デッドサイレンス 場に置かれている間、相手はカードを引けない。(SPカード使用時も不可)
オブリビオン このラウンドを無効とし、次のラウンドを開始する。
エスケープ 場に置かれている場合、ラウンド終了時にこの場から逃走する。

※珍客(ビッグヘッド)専用

 

 

リワード

条件 報酬
累計5人以上の敵に勝利する ゴール24
累計15人以上の敵に勝利する ベットアップ2+
拷問を受けずに連続で2人以上の敵に勝利する シールド+
累計3回以上カードの合計を「21」に揃える 初期SPカード+1
連続3回以上カードの合計を「21」に揃える ゴール27
SPカードを累計10枚以上使用する エクスチェンジ
1ラウンドでSPカードを15枚以上使用し勝利する SPチェンジ+
敵の場のSPカードを累計10枚以上取り除く デストロイ+
敵の場のSPカードを累計20枚以上取り除く デストロイ++
バーストした状態で勝利する 初期SPカード+1
「Survival」をクリアする パーフェクトドロー+
一度も拷問を受けずに「Survival」をクリアする アルティメットドロー
一度も拷問を受けずに「Survival+」をクリアする 褒賞品

※ゲーム中の部屋内にエブリウェア人形が飾られる

珍客「ビッグヘッド」に勝利する 初期SPカード+1
珍客「ビッグヘッド」に2回勝利する ハーヴェスト

 

この記事の訂正・意見を送る

この記事に関する、誤字、脱字、間違い、修正点など、ご指摘がございましたら本フォームに記入して、ご送信お願いいたします。
いただいた内容は担当者が確認し、修正対応させて戴きます。
また、個々のご意見にはお返事できないこと予めご了承ください。

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, text, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)