登場人物

キャラクター一覧

 

ニンテンドー3DS用ソフト『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』、物語に登場する主要人物を紹介。

 

 

主な登場人物

成歩堂 龍ノ介(ナルホドウ リュウノスケ) – CV.下野紘

熱き覺悟と逆転魂の弁護士、再び

本作の主人公。大日本帝国、帝都勇盟大学の学生。

ある事件をきっかけに大英帝国へわたり、弁護士となる。

異国の地で巡り会った大探偵シャーロック・ホームズとその仲間たちと共に、数々の怪事件に挑む。

 

 

シャーロック・ホームズ – CV.川田紳司

神か悪魔か、超絶推理の大探偵

世界で最も偉大な大探偵。

人智を越えた観察力に基づく推理は、まさに論理の曲芸術と呼ぶにふさわしい。

 

 

御琴羽 寿沙都(ミコトバ スサト) – CV.花澤香菜

覺悟に寄り添う、可憐な花

かつて成歩堂を「法務助士」として支えていた少女。

今はとある事情で日本に帰国している。

遠い異国で弁護士として修行する成歩堂を気にかけている。

 

 

アイリス・ワトソン – CV.久野美咲

『伝記作家』は、天才少女。

ホームズの同居人。倫敦で大人気の小説『シャーロック・ホームズの冒険』の作者。

10才にして医学博士号を持つ、驚異の少女。

 

 

バロック・バンジークス – CV.津田健次郎

倫敦の闇を裁く、孤高の検事

《死神》の異名を持つ伝説の検事。彼の立つ法廷では、有罪無罪に関わらず、被告人は死から逃れられないという。

日本人に対して、異常なまでの憎しみを抱いているようだが…。

 

 

成歩堂 龍太郎(ナルホドウ リュウタロウ) – CV.????

熱き逆転魂《成歩堂龍ノ介》、そのイトコ!!

成歩堂龍ノ介のイトコで、地方の大学で法律を学ぶ学生。

《御琴羽寿沙都》の親友を助けるため今回の事件の弁護を行う。

この裁判には特別な思いと覺悟で挑む。

 

 

ジーナ・レストレード

あのホームズも認める、名刑事

かつてイーストエンドでスリをしていた少女。

現在は、倫敦警視庁の見習い刑事となり、グレグソン刑事とともに万国博覧会の警備をしている。

相棒に、「トビー」という名の自称「警察犬第1号」を連れている。

 

 

その他の登場人物

村雨 葉織(ムラサメ ハオリ)

帝都勇盟大学に通う女学生で、御琴羽寿沙都の親友。事件現場となった閑静な海辺にて逮捕された。

被害者の英国留学生と同じ研究室に在籍。

 

 

夏目 漱石(ナツメ ソウセキ)

大英帝国の留学から帰国し、現在は《吾輩は猫である》を連載中の小説家。

英国帰りの新進気鋭作家として注目されており、密着取材中に事件を目撃。成歩堂とは過去の事件で顔見知り。

 

 

細長 悟(ホソナガ サトル)

海辺にて任務遂行中に事件を目撃した帝都警察の刑事。

カンペキな証言を行なうため事件当時の格好を再現して法廷に立つ。変装と潜入捜査のプロで、成歩堂とは過去の事件で顔見知り。

 

 

トバイアス・グレグソン

凶悪な殺人事件を担当する倫敦警視庁の刑事。

厳格で真面目に捜査をこなし、いつも、愛するフィッシュ&チップスを食べている。

大人気小説【シャーロック・ホームズの冒険】に登場しているのが自慢だが、筆者のアイリスには頭が上がらない。

 

 

デカーゴ・ミターマン

龍ノ介らが調査中に目撃した怪しいオトコ。

事件現場である漱石の下宿を外からノゾキ見ていた。

 

 

ベンジャミン・ドビンボー

独逸(ドイツ)から万博のために倫敦へ訪れた科学者。

万国博覧会にて、世界初の実験「超電気式・瞬間移動技術」を披露するも、大事故を起こしてしまう。

科学を愛し、自分の理論は正しいと主張する。

 

 

ボヘミアの少年 ゴッツ

ボヘミア王国の高貴な血を引く少年。

寄宿学校の観光で倫敦に訪れた。万博会場で、ドビンボー博士の科学実験ステージを気球の上から目撃した。

英語は勉強中。お金はそこそこ持っている。

 

 

コネット・ローザイク

著名人などの蝋人形を展示する見せ物小屋<マダム・ローザイクの館>の女主人。

“ホンモノ” にこだわる蝋人形師の家系の三代目。

 

 

ドクター・シス

本名はコートニー・シス。倫敦警視庁の監察医局長。

近代的な捜査を可能とする「科学式捜査班」を指揮する。

 

 

ドクター・グーロイネ

ドクター・シスの娘。若いながらも、監察医としての才能を発揮する。

すぐに解剖したがるのがたまにキズ。

ファーストネームはマリア。

 

 

仮面の従者

従者としてバンジークスに付き従う仮面姿の謎の人物。素性は一切不明。

 

トップへ