スクールモード

最終更新:2020年03月16日 17:22

スクールモード

スクールモードとは、ダンガンロンパ1・2 Reloaded(PSVita版)にのみ収録されているモードである。

PSP版のダンガンロンパには収録されていない。

スクールモードをプレイするには、本編をクリアする必要がある。

 

 

スクールモードのゲーム概要

スクールモードの期限は50日間で、50日が経過すると強制的に終了となります。

基本的には、モノヅクリ・各キャラクターの行動設定・各キャラクターとの交流(本編の自由時間+おでかけという要素がある)を毎日繰り返していくこととなる。

 

 

スクールモードをクリアするには・エンディングを見るには

50日終了時点で、以下の条件を満たすとクリアとなり、エンディングを見ることができます。

  • 全キャラクターの通信簿を完成させる
  • 最後の課題・目標(魔法使いモノクマ)を完成させる

 

クリア条件を満たし、かつ、各キャラクターの好感度がMAX(ハート10個)であれば、各キャラクターごとの個別イベントが発生します。

好感度をMAXにしたキャラクター分の個別イベントが見られるので、1度に複数人の個別イベントを見ることが可能です。

好感度をMAXにするには、最低でも10回のお出かけを行う必要があるので、個別イベントを見られるのは1回のプレイでは日程上最大5人までとなります。

 

 

スクールモード 攻略

スクールモードの攻略方法について解説します。

まず、クリア条件として、全キャラクターの通信簿を完成させなければならないので、1周目ではおでかけチケットは使わずに、一緒に過ごして通信簿を埋めることに徹しましょう。

また、採取レベルと掃除レベルは次周に引き継ぎ可能なので、1周目はモノクマからの課題・目標はこなさずに、消耗品であるカンニングペーパー(収集レベルがアップ)とお掃除マエストロ(掃除レベルがアップ)の作成に努める。

最後の目標である魔法使いモノクマを完成させると、モノクマメダルが200個貰えるので、1周目であってもこの課題だけは完成させておくと良いでしょう。

ツールがあると、採集・掃除の効率が上がるので、早めに完成させましょう。特に、採集によるHP減少が減る安全メガネはオススメです。

 

 

レベルアップに必要な回数

Lv.3 Lv.4 Lv.5 Lv.6 Lv.7 Lv.8 Lv.9
6回 6回 11回 16回 21回 26回 31回

 

レベルが上がるごとにレベルアップに必要な採集・掃除の回数が増えていくため、ある程度レベルが上がった後にレベルアップ消耗品カンニングペーパー・お掃除マエストロを使うとよいでしょう。

ちなみに休日はアイテム(消耗品)の使用ができなくなるので、49日目・50日目は休日となってしまうため、カンニングペーパー・お掃除マエストロを使用する場合は、48日目までに行いましょう。

 

 

掃除メーターがゼロになると

掃除メーターがゼロになると、ペナルティとして、「全員強制掃除+午後の自由時間なし」となります。

 

 

休日について

7日に1回は休日となり、採集・掃除・モノづくり・消耗品の使用はできません。

その代わり、自由時間を2回行うことができます。

 

1 2 3 4 5 6 7
課題提出・提示 休日
8 9 10 11 12 13 14
課題提出・提示 休日
15 16 17 18 19 20 21
課題提出・提示 休日
22 23 24 25 26 27 28
課題提出・提示 休日
29 30 31 32 33 34 35
課題提出・提示 休日
36 37 38 39 40 41 42
 課題提出・提示  休日
43 44 45 46 47 48 49
課題提出・休日
50
休日

 

 

その他補足攻略情報

おでかけで悪い評価をとったとしても、モノクマ診断の評価が下がることはない。

採集レベルと掃除レベルの最大値は9。

 

 

バグ

モノクマと江ノ島盾子が消えてしまうバグがあるようなので、その場合は一度ソフトを起動し直すと治るそうです。

 

目標 ツール
消耗品 おでかけ
この記事の訂正・意見を送る

この記事に関する、誤字、脱字、間違い、修正点など、ご指摘がございましたら本フォームに記入して、ご送信お願いいたします。
いただいた内容は担当者が確認し、修正対応させて戴きます。
また、個々のご意見にはお返事できないこと予めご了承ください。

The maximum upload file size: 5 MB. You can upload: image, audio, video, document, text, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)