ストーリー

メインシナリオ

『オタク刑事走る!』
    脚本/長坂秀佳、平松正樹
    渋谷中央署の刑事である雨宮桂馬は、渋谷のオーロラビジョンに映る謎の文章を見て爆破予告だと断定する。次々と爆破予告をする犯人を探し、桂馬は5日間渋谷を走り回ることになる。

 

『The wrong man 牛』
    脚本/山崎修
    ヤクザから足を洗った牛尾政美は、宝石店の店員高峰綾にプロポーズをするため宝石店に足を運ぶ。しかしその時元舎弟の孤島三次が宝石強盗を働き、居合わせ た牛尾は共犯者と間違われてしまう。しかも逃走した先では役者の馬部甚太郎に間違えられ、一時しのぎのため芝居をする羽目になる。果たして牛尾は容疑を晴 らし、高峰綾にプロポーズすることができるのか?

 

『The wrong man 馬』
    脚本/山崎修
    馬部甚太郎は売れない役者である。テレビドラマで初めて大役が舞い込んでくるが、うまく演じられず自信をなくしていた。そんな時逃走中の宝石強盗犯、孤島 三次に兄貴分の牛尾政美と間違えられたため、馬部は仕方なしにヤクザの世界に足を踏み入れることになる。もし元ヤクザの牛尾を演じ切れず、NGを出したら 命は無い。三流役者馬部の人生最悪の3日間が始まる。

 

『七曜会』
    脚本/長坂秀佳、岩片烈
    篠田正志は平凡な大学生である。大手企業にコネで内定をもらって喜んでいたが、ある日、日曜日と名乗る謎の女性が内定取消になるような事実をつきつけて脅 迫してくる。脅迫に屈した正志は日曜日の命令通り他人を脅迫をしていくうちに、次第にその面白さに目覚めていく。

 

『シュレディンガーの手』
     脚本/長坂秀佳、横山至
    市川文靖はテレビドラマのプロットライターとして成功しているが、その作品は低俗極まりない上に自分が寝ている間に「誰か」が書き起こした身に覚えの無い ものであった。市川は自分の作家としての良心を守るため、テレビ業界に一石を投じるため、最高傑作を書こうと作品に取り掛かる。

 

『で・き・ちゃっ・た』
    脚本/山崎修
    緑山学院高校の3年生である飛沢陽平は学校一の人気者。とにかく女の子と遊ぶのが大好き。しかしある日ハチ公前に呼び出され、会った女性から衝撃の事実を告げられる。「私、できちゃいました」本命の彼女以外にも、二股は当たり前の飛沢陽平の運命は?

 

『迷える外人部隊』
    脚本/長坂秀佳、横山至
    フランス外人部隊に身を置く高峰隆士は3年ぶりに故郷、日本へと戻ってくる。しかし戦場での出来事がフラッシュバックし悩む。久しぶりの日本にいても湧き上がる思いは苛立ちばかり。自分の存在意義を見出すために渋谷を徘徊する。

 

『やせるおもい』
    脚本/岩片烈
    細井美子は何よりも食べるのが大好きな女の子。恋人の高田洋一と一緒にケーキ屋に行くが、洋一は食欲旺盛な美子を見て5日間の間に17キロ痩せなければ別れると言い出す。美子は愛する洋一のためにと、無茶なダイエットを開始する。

 

隠しシナリオ

※以下のシナリオは、ある条件を満たすとプレイすることが可能になる。PS版ではNORMAL以上から遊ぶことができる。共に選択肢は存在しないが、他主人公の選択によりバッドエンドを迎えることがある。

 

『青ムシ抄』
    脚本/平松正樹
    飛沢陽平と同じ緑山学院高校に通うオタク高校生・青井則生の物語。このシナリオのみ唯一実写ではなく、デフォルメされたアニメ絵のシナリオになっている。

 

『花火』
    脚本/長坂秀佳
    「迷える外人部隊」の主人公、高峰隆士の父親、高峰厚士の物語。花火が大好きだった息子のためにあることを実行する。

 

PSP版追加シナリオ

※以下のシナリオは、PSP版のみプレイ出来るシナリオ。

 

『パトリック・ダンディ』
    自称米軍大佐のパトリック・ダンディはハチ公前で待ちぼうけを食っていた高校教師の小糸亜弓に声をかける。胡散臭い言動のダンディに、はじめは相手にしていなかった亜弓だが、熱心な行動の前にだんだんと心をひかれてゆく。しかしダンディにはある思惑があった。

 

『サギ山』
    サギ山勇は演出家志望である。しかし現場の知識は全く無いままテレビドラマの現場に配属されたために、ミスを連発してしまいクマ野に散々どやされる羽目になる。「こんなはずじゃない……」と理想と現実のギャップに撮影一日目にして辞めようとする。

 

街 〜運命の交差点〜 – Wikipediaより引用)

ゲームの総合掲示板 ゲームラインBBS

FF15

FF15

人喰いの大鷲トリコ

人喰いの大鷲トリコ