侵略生物

最終更新:2022年09月23日 18:12

黒アリ(侵略生物α)

全長約11メートル。

象のような巨体にもかかわらず驚くほど俊敏で、垂直の壁を登ることが可能。

しかもその際に速度をおとすことがない。攻撃の際には大きな牙が武器となるが、さらに恐ろしいのは強酸を放出する能力である。

赤アリ(侵略生物α 赤色種)

黒アリ比べて体長が大きく、硬い甲殻に包まれている。

銃弾すらはじくことがあるため、駆除するには高い火力が必要であるとされる。

酸を射出する能力はないが、巨大な顎で人類を捕食する危険な生物である。

茶アリ(侵略性外来生物αPlus)

黒アリに類似した外観の地球外生命体。

体長は約16m、黒アリより大型である。

侵略性外来生物αPlusという識別名は、見た目上の類似性から付けられており、生物的に同種であるかはわかっていない。緑色の体液を出す。

緑アリ(強食性侵略生物)

黒アリと似た外見を持つ侵略性外来生物。

甲殻を持たず、外皮は柔らかい。プラスチックとコンクリートを分解し、食料とする。

木材や金属すらも、ある程度なら分解できるようである。幼生体らしき小型の「強食幼兵態」は小さいが強靭な顎と牙を持つ。

マザーアリ(マザーモンスター)

先の大戦の最中、地下洞穴で発見された黒アリの巨大個体。

全長は50メートル以上。黒アリを産む能力を持ち、その巨体から噴出される体液(酸)は大量で広範囲に及ぶ。

茶マザーアリ(マザーモンスターPlus)

茶アリの巨大個体。全長約65メートル。

繁殖能力があり、茶アリを産み出すと考えられる。

放置すれば取り返しのつかない事態を招きかねず、最優先駆除対象とすべきである。

クモ(侵略生物β)

黒アリと同じくプライマーによって持ち込まれた。正式名称は「侵略性外来生物β」(短縮呼称「侵略生物β」)。

黒アリに比べ俊敏さにこそ劣るが、高い跳躍力を持つ。

強い酸を含んだ糸を吐きだすという、恐ろしい攻撃能力を有し、その射程距離は非常に長い。多数に囲まれると大変危険で、複数の糸にあたると移動もままならなくなる。

茶黒クモ(侵略性外来生物βPlus)

クモの侵略生物に類似した外観、能力を持った地球外生命体。

クモ同様に、糸で獲物を捕える性質を持つ。クモとの決定的な差異は、体内に発電器官を持つことである。

放出した糸に高圧電流を流し、獲物を行動不能にする。

この器官をはじめとし、多くの身体的な差が見られることから、クモとは別種の生物である可能性が高いと考えられている。

ハチ(飛行型侵略生物)

飛行能力を持つ侵略生物で、その脅威は黒アリ、クモの侵略生物をはるかに上回る。

巨体でありながら飛行速度は速く、戦闘能力も非常に高い。滞空状態のまま針のような組織を射出して攻撃する。

その針は装甲戦闘車両の装甲を貫くほどの威力を有する。さらに飛行型の脅威は戦闘能力だけではない。

飛行能力を持つということは遠くへ移動できるだけでなく、広範囲で繁殖が可能ということにつながる。

廃墟となった建物にハイブ(巣)を作り出し、駆除が追い付かないほど繁殖してしまうことこそが最大の脅威かも知れない。

関連記事

地球防衛軍6

トップページ

敵一覧

侵略生物 エイリアン
機械生命体 侵略兵器・装置
未確認生物 その他

おすすめ

おすすめ稼ぎ場所 おすすめ武器装備
この記事の訂正・意見を送る下向き矢印

この記事に関する、誤字、脱字、間違い、修正点など、ご指摘がございましたら本フォームに記入して、ご送信お願いいたします。
いただいた内容は担当者が確認し、修正対応させて戴きます。
また、個々のご意見にはお返事できないこと予めご了承ください。

アップロードファイルの最大サイズ: 2 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, テキスト, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)