ストーリー

最終更新:2016年10月19日 13:19

科学ADVシリーズ「STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)」、物語のあらすじを紹介。

 

 

STORY

岡部倫太郎――通称オカリン――は、いまだ厨二病から抜け出せない大学生。

自称『狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真』を名乗り、『未来ガジェット研究所』という、

メンバーわずか3人だけのサークルでヘンテコな発明をする日々を送っていた。

 

そんな彼らがある時偶然から過去へと電子メールを送れる発明品、

即ち『タイムマシン』を生み出してしまう――

 

SERN、ジョン・タイター、幻のレトロPC『IBN5100』、タイムマシン、

バタフライ効果、タイムトラベルにおける11の理論――

いくつもの要因が偶然に重なり合ったとき、秋葉原から巻き起こる世界規模の大事件!

“未来への選択”を委ねられたオカリン達が下す決断とは?

 

この記事の訂正・意見を送る

この記事に関する、誤字、脱字、間違い、修正点など、ご指摘がございましたら本フォームに記入して、ご送信お願いいたします。
いただいた内容は担当者が確認し、修正対応させて戴きます。
また、個々のご意見にはお返事できないこと予めご了承ください。