九重楼・後半

最終更新:2020年04月22日 14:41

PS/PS3(ゲームアーカイブス)用ソフト『俺の屍を越えてゆけ(おれのしかばねをこえてゆけ)』の攻略チャートです。

九重楼・後半の攻略について、分かりやすく解説していきます。

 

 

攻略について

後半のエリアは、大江山クリア後からプレイできます。

敵が増え、強くなっているので注意。

マップは九重楼・前半と同じ。

ボスの2体がかなり強力なので注意。

このステージで出現する宝箱からは祝いの鈴がたまに入手できるので、できるだけ宝箱は開けるようにするといい。

 

 

四年坂 / 五年坂 / 六年坂 / 七天門

五年坂 → 六年坂、六年坂 → 七天門への階段位置はランダムです。

またランダムで雨が降り、攻撃ダウン、視界不良のデメリットが付与されます。

 

 

八起苑

ボス戦:七天斎八起

 

 

九重楼 一 〜 終階

三、五、七階に宝箱あり。

 

 

風雷の間

ボス戦:雷電五郎・太刀風五郎

 

 

無の印

ボス戦:六ツ髪

 

 

ボス攻略

七天斎八起(しちてんさいはっき)

体力:600 技力:30

攻撃:320 防御:360

敏速:300 戦勝:380

火:- 水:-

風:- 土:-

 

とくに強くはないので、問題はないと思います。

 

 

雷電五郎(らいでんごろう)・太刀風五郎(たちかぜごろう)

【雷電】

体力:2,200 技力:66

攻撃:570 防御:550

敏速:700 戦勝:575

火:200 水:800

風:800 土:600

 

【太刀風】

体力:1,800 技力:120

攻撃:610 防御:610

敏速:650 戦勝:575

火:250 水:550

風:900 土:500

 

どちらか一方に集中して倒してしまいましょう。

太刀風五郎の方が体力が低いので倒しやすいですが、全体攻撃持ちの雷電五郎を先に倒した方が良いです。

 

 

六ツ髪(むつがみ)

体力:5,200 技力:100

攻撃:820 防御:760

敏速:870 戦勝:2,300

火:600 水:600

風:600 土:400

 

敵は “萌子” を重ねがけしてから通常攻撃を行ってきます。

萌子を複数回重ねるまでは攻撃頻度は少なめです。

こちらはそれを利用し、こまめに “清水” で強化解除しつつ、”魂寄せ” で技力を減らしていきましょう。

清水は味方の強化も解除するので注意。

敵の攻撃は全て物理攻撃です。

 

 

主な戦利品

四年坂

血火弾(術)

 

 

五年坂

黒鏡(術)

くらら(術)

拳の指南(職)

 

 

六年坂

紅涙弾(術)

火葬(術)

雷電(術)

拳の指南(職)

 

 

七天門

紅涙弾(術)

くらら(術)

拳の指南(職)

 

 

八起苑

朱ノ首輪

 

 

九重楼 一階

寝太郎(術)

血火弾(術)

火葬(術)

雷電(術)

拳の指南(職)

真紅ノ爪(唯一品)

 

 

九重楼 二階

寝太郎(術)

血火弾(術)

火葬(術)

黒鏡(術)

松王丸ノ扇(唯一品)

男気貫徹槍(唯一品)

朱ノ首輪

 

 

九重楼 三階

赤地獄(術)

 

 

九重楼 四階

赤地獄(術)

黒鏡(術)

男気貫徹槍(唯一品)

宇佐ノ宝冠(唯一品)

 

 

九重楼 五階

赤地獄(術)

黒鏡(術)

拳の指南(職)

八幡かぶり(唯一品)

宇佐ノ宝冠(唯一品)

朱ノ首輪

 

 

九重楼 六階

寝太郎(術)

拳の指南(職)

八幡かぶり(唯一品)

宇佐ノ宝冠(唯一品)

 

 

九重楼 七階

寝太郎(術)

 

 

九重楼 八階

雷獅子(術)

芭蕉嵐(術)

拳の指南(職)

八幡かぶり(唯一品)

真紅ノ爪(唯一品)

倍達の拳(唯一品)

 

 

風雷の間

朱ノ首輪

 

攻略チャート
相翼院・前半 相翼院・後半
九重楼・前半 九重楼・後半
鳥居千万宮・前半 鳥居千万宮・後半
白骨城・前半 白骨城・後半
大江山 忘我流水道
紅蓮の祠 親王鎮魂墓
地獄巡り
この記事の訂正・意見を送る

この記事に関する、誤字、脱字、間違い、修正点など、ご指摘がございましたら本フォームに記入して、ご送信お願いいたします。
いただいた内容は担当者が確認し、修正対応させて戴きます。
また、個々のご意見にはお返事できないこと予めご了承ください。


The maximum upload file size: 2 MB.
You can upload: image, audio, video, document, text, other.
Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded.