鳥居千万宮・後半

最終更新:2020年04月22日 14:41

PS/PS3(ゲームアーカイブス)用ソフト『俺の屍を越えてゆけ(おれのしかばねをこえてゆけ)』の攻略チャートです。

鳥居千万宮・後半の攻略について、分かりやすく解説していきます。

 

 

攻略について

後半のエリアは、大江山クリア後からプレイできます。

敵が増え、強くなっているので注意。

マップは鳥居千万宮・前半と同じ。

このステージで “梵ピン” を入手しておきたいところ。

ちなみにこのステージでも宝箱から祝いの鈴を入手することができる。

 

 

無限鳥居 一 〜 万

4色の鳥居のうち1つが正解となっており、先へ進めます。

不正解の鳥居に入ると、宝箱のある or 何もない部屋へとワープします。

正解の色は3ヶ月ごとに変化し、以下のようになっています。

 

・3 〜 5月:赤

・6 〜 8月:緑

・9 〜 11月:黄

・12 〜 2月:青

 

 

暗黒大鳥居

ボス戦:稲荷ノ狐次郎

 

 

拝殿

6つの提灯のうちいずれか1つが正解。正解位置はランダムです。

不正解だと敵が出現します。

 

 

大玉殿

道が3つに分岐しており、それぞれ宝箱のある部屋、何もない部屋、狐美姫の間へと繋がっています。

どの分岐路がどこに繋がっているかはランダムです。

 

 

狐美姫の間

ボス戦:九尾吊りお紺

 

 

未の印

ボス戦:三ツ髪

 

 

ボス攻略

稲荷ノ狐次郎(いなりのこじろう)

体力:1,800 技力:36

攻撃:450 防御:330

敏速:600 戦勝:400

火:300 水:100

風:640 土:570

 

特に問題なし。

危なかったら術で強化して戦えばよい。

 

 

九尾吊りお紺(くびつりおこん)

体力:1,600 技力:100

攻撃:680 防御:550

敏速:800 戦勝:1,150

火:450 水:450

風:500 土:700

 

赤地獄が強力で、”春菜” や “万金露” は使えるようにしてから挑みたい。

状態異常を引き起こしてくるため、神仙水もいくつか持っていった方が良い。

 

 

三ツ髪(みつがみ)

体力:6,000 技力:24

攻撃:820 防御:650

敏速:999 戦勝:2,300

火:200 水:650

風:700 土:650

 

敵の攻撃は物理、術は光無しのみ。

力溜め後の攻撃には注意。石猿や陽炎を使用して対処しましょう。

 

 

主な戦利品

無限鳥居 一

牛頭丸(術)

ツブテ(術)

夏狂乱(術)

お焔(術)

 

 

無限鳥居 十

牛頭丸(術)

ツブテ(術)

夏狂乱(術)

お焔(術)

土葬(術)

暴れ石(術)

 

 

無限鳥居 百

牛頭丸(術)

暴れ石(術)

土葬(術)

幻八(術)

夢子(術)

萌子(術)

拳の指南(職)

桃木の槍(唯一品)

 

 

無限鳥居 千

幻八(術)

夢子(術)

牛頭丸(術)

不動明(術)

土葬(術)

拳の指南(職)

槌の指南(職)

ハフリの笠(唯一品)

朱ノ首輪

 

 

無限鳥居 万

不動明(術)

梵ピン(術)

萌子(術)

夢子(術)

夏狂乱(術)

槌の指南(職)

ハフリの笠(唯一品)

鎮西の法衣(唯一品)

 

 

暗黒大鳥居

朱ノ首輪

 

 

拝殿

不動明(術)

梵ピン(術)

槌の指南(職)

 

 

大玉殿

赤地獄(術)

不動明(術)

土々呂(術)

梵ピン(術)

萌子(術)

夢子(術)

槌の指南(職)

桃木の槍(唯一品)

白拍子の衣(唯一品)

朱ノ首輪

 

 

狐美姫の間

朱ノ首輪

 

攻略チャート
相翼院・前半 相翼院・後半
九重楼・前半 九重楼・後半
鳥居千万宮・前半 鳥居千万宮・後半
白骨城・前半 白骨城・後半
大江山 忘我流水道
紅蓮の祠 親王鎮魂墓
地獄巡り
この記事の訂正・意見を送る

この記事に関する、誤字、脱字、間違い、修正点など、ご指摘がございましたら本フォームに記入して、ご送信お願いいたします。
いただいた内容は担当者が確認し、修正対応させて戴きます。
また、個々のご意見にはお返事できないこと予めご了承ください。


The maximum upload file size: 2 MB.
You can upload: image, audio, video, document, text, other.
Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded.