【レイトン教授VS逆転裁判】終章 はじまりの物語

最終更新:2020年04月28日 17:20

  • 私には、もうひとつのカオがある。《ステラ》という会社の経営者だ。→ゆさぶる
  • この町…まるごとすべて《ステラ》の研究施設なのだ。理解しずらいだろうが…→ゆさぶる
  • 古来。この地は、他のどこにもない特異な性質を持ち、そこに住む者に影響を与える。→ゆさぶる
  • その性質を利用して、不特定多数のイシキを完全に制御する…それが、研究のテーマだ。→ゆさぶる
  • この研究は、10年前に始まった。町の者はみな“被験者”ということになる。→ゆさぶる
  • この町で、ただヒトリ。10年より前のキオクを持っている人物とは!→つきつける「マホーネ・カタルーシア
  • あの、巨大な炎の竜…わたしは、自分が召喚した魔物の恐ろしさに震えあがりました。→ゆさぶる
  • といつめる→ストーリーテラー
  • 私の中で大魔女《ベーゼラ》が目覚めて、町に“大火”という災厄を与えたのです。→ゆさぶる
  • といつめる→ストーリーテラー
  • 今から、10年前。炎の竜が町に“現れた”という《証拠》は…→選択肢「《証拠》はある
  • 10年前。この町に、炎の竜が“現れた”ことを示す《証拠》とは…!→つきつける「炎の竜のスケッチ
  • “魔法は存在しない” “炎の竜は〜→選択肢「《鐘楼》の上
  • 竜の姿→手すり下の竜の模様
  • 10年前。被告人といっしょに鐘楼に上った人物がいたと考えられる“証拠”とは…!→つきつける「2人の少女の写真
  • この絵画に描かれた、もうひとりの少女。それは〜→つきつける「ジョドーラ
  • この少女がジョドーラさんだという〜→つきつける「ペンダント
  • 10年前。町を焼き払った《伝説の大火》。その“原因”を作ったものとは…→つきつける「悪魔の鐘
  • マホーネさんのココロを救う“キッカケ”になったものとは…!→つきつける「はじまりの物語
  • この証人が、カタルーシア様を“裏切る”に至った、もうひとつの《動機》とは…!→つきつける「ベルデューク博士の遺書
  • 全身のチカラが抜けたようだった…そこへ、父とカタルーシアさんが現れたのだ。→ゆさぶる
  • といつめる→ストーリーテラー
  • 必死でゆさぶると、彼女も気がついて…次の瞬間。目に入ったのは《地獄》だった。→ゆさぶる
  • といつめる→マホーネ
  • 10年前。マホーネが、あの《鐘》を〜→つきつける「最上階のカラクリ
  • 行きますよ…ミスター・ナルホドー。あの日…《鐘》を〜→つきつける「ジョドーラ
  • ナゾ70

 

この記事の訂正・意見を送る下向き矢印

この記事に関する、誤字、脱字、間違い、修正点など、ご指摘がございましたら本フォームに記入して、ご送信お願いいたします。
いただいた内容は担当者が確認し、修正対応させて戴きます。
また、個々のご意見にはお返事できないこと予めご了承ください。

アップロードファイルの最大サイズ: 2 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, テキスト, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)