【レイトン教授VS逆転裁判】裁判

最終更新:2020年04月28日 17:17

  • 雨が上がった、夕刻…私は、あの鐘楼の木の階段を上って“行進”を待ちました。→つきつける「自警団の警備記録
  • …やっと気づいたのです。私の中に≪ベーゼラ≫が眠っていたことに。→ゆさぶる
  • 父の最後のコトバが終わるのを待って…私は、炎の竜を召喚したのです。→ゆさぶる
  • なぜ、父のイノチを奪ったのか…私にも、その理由はわからないのです。→ゆさぶる
  • …やっと気づいたのです。私の中に≪ベーゼラ≫が眠っていたことに。→ゆさぶる
  • といつめる→クローネ
  • クローネはいつもどおり、わたしの後ろからトコトコ歩いてついてきてくれました。→つきつける「足跡のスケッチ
  • なのに、コツゼンと≪足跡≫は現れた。だから、目にしたとき“魔女”だと思った。→ゆさぶる
  • 雨はキライ。鋼鉄のヒールがよごれるし、ふわふわのメロメロの髪が、しんなりするし。→ゆさぶる
  • この、ンパカパポコルペヌ。ちゃんとクセモノに立ち向かって、逃げなかったぞ!→ゆさぶる
  • といつめる→アバレロ
  • といつめる→ボロゾーキン
  • コツゼンと現れた、あのドロの跡を見て…メロメロの、トガった足跡だと思ったのさ。→つきつける「足跡のスケッチ
  • 自警団の証言と、この図面…いったい。正しいのは、どちらなのか?→選択肢「どちらも正しい
  • あの鐘楼に、被告人以外の者が侵入していたことを示す《証拠》とは!→つきつける「コムギ粉まみれのローブ
  • あの子が捕らえられたとき。鐘楼には、隠れられる場所は、どこにもなかったの。→つきつける「鐘楼の見取り図
  • 事件の直後、“魔女”が隠れることのできた場所は…?→最上階:鐘ノ間
  • 現場には、もうひとりの“魔女”なんていなかった。…ハッキリ断言できます。→ゆさぶる
  • といつめる→カイック
  • あのとき…ワシは、たしかに聞いたのだ。オンナのすすり泣くような、細い音をば。→つきつける「機械パネル
  • 鐘楼の《カラクリ》を正しく作動させるという、その《カギ》とは!→つきつける「ペンダント
  • ナゾ64(ここではクリアできない)
  • 今、ぼくにできることは…→選択肢「異議を申し立てる
  • まだ、審理されていない、重要な“手がかり”の在処…それは!→選択肢「マホーネ自身
  • 被告人マホーネ・カタルーシア自身にある、新しい“手がかり”とは…!→ブレスレット
  • ナゾ64

 

レイトン」へ

 

この記事の訂正・意見を送る下向き矢印

この記事に関する、誤字、脱字、間違い、修正点など、ご指摘がございましたら本フォームに記入して、ご送信お願いいたします。
いただいた内容は担当者が確認し、修正対応させて戴きます。
また、個々のご意見にはお返事できないこと予めご了承ください。

アップロードファイルの最大サイズ: 2 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, テキスト, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)