【レイトン教授VS逆転裁判】第9章 最後の検察士

最終更新:2020年04月28日 17:20

  • 私は…《指令》にしたがうだけなのです。他のことは…なにもわかりません。→ゆさぶる
  • 今日の午後、小雨の中。私は…自警団の横を通って、鐘楼で待機しました。→ゆさぶる
  • 気のせいかもしれないけど。…どうしよう?→選択肢「さらにゆさぶる
  • 《スガタを消すローブ》をまとっていたので…見とがめられることはありませんでした。→つきつける「コムギ粉まみれのローブ
  • なんとか逃れようと抵抗して…なにかを握りしめて、引きちぎったような…→つきつける「ペンダント
  • 後ろから襲われて、ウデをつかまれ、クチもふさがれ、身動きができなくて…→つきつける「ペンダント
  • この証人が、イシキを失った…その《真相》は、おそらく。→選択肢「他の手段が使われた
  • 事件の現場で、この証人を襲撃、鐘楼の最上階に閉じ込めた人物とは…!→つきつける「ジョドーラ
  • “襲撃者”は…ジョドーラ検察士長。それを決定的に《立証》するのは…→選択肢「ジョドーラ自身
  • ジョドーラ検察士長に残された“手がかり”とは…?→
  • 存在を知られてはならぬ理由があったゆえ、10人の自警団の目を盗んだわけだが…→ゆさぶる
  • といつめる→マーダラ
  • 今の、マーダラさんの《証言》…どうだろう?→選択肢「非常に気になる
  • 階段を上ると、そこに背を向けてたたずむ《クセ者》を発見したので、とらえたまでだ。→つきつける「見えないローブ
  • 鐘楼の階段に、小さなつま先の《足跡》を見つけたので、調べてみることにした。→ゆさぶる
  • 今の《証言》…どうだろう?→選択肢「非常に気になる
  • 残された“つま先”のドロの跡を、可能なかぎりなぞるように、階段を上ったのだ。→つきつける「足跡のスケッチ
  • 検察士長殿が、鐘楼の階段を上ったとき…被告人を背負っていたことを示す証拠とは!→つきつける「足跡のスケッチ
  • ヨーマは、この町をウラ側から支えている。私は、そこで《大魔女》と呼ばれる存在だ。→ゆさぶる
  • ヨーマとして“森の住人”になるのは《魔女裁判》で火刑に処された者達なのだ。→ゆさぶる
  • ヨーマは、大魔女様からいただく《指令》を忠実に遂行するために存在するのです…→ゆさぶる
  • ジョドーラ様は、私たちヨーマに《指令》をくださる、それは偉大な大魔女様でした…→ゆさぶる
  • 私たちは《魔女》ではありません。そして…もちろん、“幽霊”でもありません…→ゆさぶる
  • ウィッチオルデの森の住人、ヨーマの“目的”は…ただ、ひとつしかない。→つきつける「魔法大全(どれでも可)
  • といつめる→マーダラ「ジョドーラ様は、私たち〜」
  • この少女に、ストーリーテラー様の殺害の《指令》を下した人物とは…!→つきつける「ストーリーテラー
  • ジョドーラさんの行動は、そのストーリーテラー氏に対して…→選択肢「裏切り

 

終章 はじまりの物語」へ

 

この記事の訂正・意見を送る下向き矢印

この記事に関する、誤字、脱字、間違い、修正点など、ご指摘がございましたら本フォームに記入して、ご送信お願いいたします。
いただいた内容は担当者が確認し、修正対応させて戴きます。
また、個々のご意見にはお返事できないこと予めご了承ください。

アップロードファイルの最大サイズ: 2 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, テキスト, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)