法廷1日目

3DS用ソフト「逆転裁判6」、第1話 – 法廷1日目の攻略チャートです。

 

 

■オープニング

オープニング

証拠品入手:儀式の歌

 

 

「(困ったな…。こうなったら、奥の手だ!)」

選択:どちらでも可

 

 

「(どうする?ぼくは…どうすればいい?)」

選択:どちらでも可

 

証拠品入手:ミーマの解剖記録、現場写真、秘宝の箱

 

 

「(まだ説明されていないことはなかったかな?)」

選択:凶器

 

 

「(裁判長に、尋問について説明してあげるか?)」

選択:どちらでも可

 

 

■尋問 〜被告人の弁明〜

証言:ボクト

「そんな緑色のクライン蝶が描かれた箱なんか…」

つきつける:秘宝の箱

 

証拠品入手:連絡書

 

 

「(ぼくは…ぼくは、どうしたらいいんだ?)」

選択:どちらでも可

 

 

■御魂の託宣

「まさか、午前の奉納舞が終わった後…」

つきつける:儀式の歌 (聴覚)

 

託宣更新

 

 

「痛みと同時に視界が真っ暗になり…」

つきつける:痛い (触覚)

 

託宣更新

 

 

「停電が起きて暗闇になった直後!…」

つきつける:儀式の歌 (聴覚)

 

 

「被告人が両手を上げた理由になるのは?」

指定:銃 (被害者の腰付近)

 

証拠品入手:寺院の見取り図

 

 

「被害者はどこから殴られた可能性があるか?」

指定:被害者の背後

 

証拠品入手:マガタマのカギ、午前の奉納舞の写真

 

 

■尋問 〜目撃したこと〜

証言:ポットディーノ

ゆさぶる:「ボクトだけなのさ~」

 

 

「(今の発言を証言に追加してもらうか?)」

選択:追加してもらう

 

 

「見えてたのさ 窓の向こうのボクトの姿が~」

つきつける:連絡書

 

 

「証人がいたはずの場所とは?」

指定:ブレーカー付近 (倉庫前)

 

 

「ポットディーノ先生を真犯人として告発するつもりなのですか?」

選択:どちらでも可

 

 

■尋問 〜リアル・ソウル・スクリーム〜

証言:ポットディーノ

ゆさぶる:「そして突然のブラックアウト!…」

 

 

「証人が停電を起こすのに使ったものとは?」

指定:ブレーカー

 

 

「暗闇で目印になるものとは何か。弁護人は提示できるのですか?」

選択:どちらでも可

 

 

「被害者が持っていた可能性のある暗闇で目印になるものとは…?」

つきつける:秘宝の箱

 

 

「それは、被害者が…」

選択:ドロボウだったから

 

 

「被害者がドロボウだった証拠になる可能性があるのは?」

つきつける:秘宝の箱

 

 

【秘宝の箱 詳細調査】

調べる:蓋

調べる:手形の血痕

 

 

「箱についた手形が被害者のものである可能性を示す証拠品は?」

つきつける:現場写真

 

 

「血の手形が被害者のものだと示す証拠は?」

指定:被害者の左手

 

 

「オレ様が使用した本当の凶器を示す証拠品ってヤツをよおッ!」

つきつける:午前の奉納舞の写真

 

 

「この写真のおかしなポイントとは?」

指定:ポットディーノの楽器

 

 

「ぼくたちがカンチガイしていたこと。秘宝の箱は…!」

選択:からっぽだった

 

 

■尋問 〜ライヤー・ロイヤー〜

証言:ポットディーノ

ゆさぶる:「こじ開けられたのさ 被告人の汚れた手で!」

 

 

「(錠前が開かなかったこと、何とか説明する方法はないか?)」

選択:開け方がちがう

※「カギがちがう」を選んだ場合は、再度「こじ開けられたのさ…」をゆさぶる。

 

 

ゆさぶる:「錠前を開ける真実の方法?…」

 

 

「(秘密が隠されているのは、モチロン…)」

選択:カギの方

※「箱の方」を選んだ場合は、変更された証言をゆさぶり、さらに証言を変更する。

 

 

「ミタマのカギを使わず解錠…」

つきつける:マガタマのカギ

 

 

「ミタマのカギと始祖の宝玉の、重大なつながりを示す証拠品とは?」

つきつける:儀式の歌

 

 

「このカギの正しい使い方は…」

選択:どちらでも可

 

 

「ミタマのカギを使うべき本当の場所は…!」

指定:蝶の模様 (箱を回転させる)

 

 

第1話クリア!

 


第1話 逆転の異邦人
トップへ