法廷2日目 (part1)

3DS用ソフト「逆転裁判6」、第3話 – 法廷2日目の攻略チャートです。

 

 

■尋問 〜第2の事件の概要〜

証言:アカネ

ゆさぶる:「被害者の身元はサーラさんに確認していただきました。」

 

 

「考えられることは…」

選択:どちらでも可

 

 

「この事実を証言に加えますか?」

選択:証言に加える

 

 

「被害者は不法移民で本当の名前はわかりません。」

つきつける:オガムの現場写真

 

 

「被害者がクライン人だと示しているのは?」

指定:首筋の刺青

 

 

■御魂の託宣

託宣決定:「儀式の日…夜の出来事だ。暗いが広場の地面の模様が見える。」

つきつける:ギンギルの匂い (嗅覚)

 

 

「ギンギルの匂いが儀式の日の夜にするはずがない証拠が。」

つきつける:サーラの証言書

 

証拠品「オガムの解剖記録」更新

託宣更新

 

 

託宣決定:「儀式の前日…昼の出来事だ。暗いが広場の地面の模様が見える。」

つきつける:緑色の地面 (視覚)

 

 

「この証拠品が、地面が見られなかったことを示しています!」

つきつける:5月9日朝の新聞

 

 

「この証拠品が、被害者が殺害された場所を示しています!」

つきつける:隠し部屋の写真

 

 

「被害者が最後に見たものは?」

指定:右の石碑

 

 

「この証拠品が、死亡推定時刻を遅らせた方法を示しています!」

つきつける:聖域の写真

 

 

「ゆ、揺らぐのはこの証拠です!」

選択:トリサマンのテーマ

 

 

「トリサマンのテーマが鳴るものとは?」

指定:トリサマンの置き時計(画面右)

 

託宣更新

 

 

託宣決定:「被害者は隠し部屋で石版に手をついて立っていた。」

つきつける:重い (触覚)

 

 

「被害者の感じた《重さ》の正体…。」

選択:石版が倒れてきた

 

 

「こ、この証拠品が真の凶器を示しています!」

つきつける:聖域の写真

 

 

「オガムの命をうばった真の凶器とは?」

指定:イクサドリの像

 

証拠品入手:イクサドリの銅像

 

 

「遺体にニセの凶器である短剣を刺し、広場に動かしたのは、おそらく…」

選択:連続殺人に見せかけるため

 

 

「オガムさん殺害の有力な容疑者…それは!」

選択:マルメル・アータム (42)

 

 

「…死者に証言させる方法、それは…!」

選択:霊媒

 


第3話 逆転の儀式
トップへ