オグロマン

説明

クリス達B.S.A.A.の前に突如姿を現した、超巨大な人型B.O.W.。名前はセルビア語で「巨大」を意味する。腕を振り回す・足で踏みつける・車をつかんで投げるといった単純な動作しか出来ず、自分から電線に引っかかって感電するなど知能はかなり低い。背中に露出しているヘリの牽引のための巨大なチューブと口内が弱点となっており、ここを攻撃するともがき苦しむ。一方、旧作の「エルヒガンテ」や「ンデス」と同様に、その巨体のために耐久力は並々ならぬものであり、弱点以外への攻撃は効果が薄い。カーラからはイドニア反政府軍に対して「弱点のカバーができていないので実戦投入は早い」と説明がされていたが、B.S.A.A.に対し劣勢となっていた反政府軍はこれを押し切る形で投入した。設定資料によると外見は人型を維持しているが、内部骨格は昆虫に近いものに変異している。

wikipediaより引用

 

攻略

弱点は背中の赤い部分と口内。距離を取りつつ攻撃していく。

ある程度ダメージを与えるとダウンするので、腕に近づくと体術で直接攻撃ができる。

市街広場では2体出現し、2体目は背中の弱点が露出していないため1度ダウンさせ体術を決める必要がある。


ボス攻略
ゲームの総合掲示板 ゲームラインBBS

バイオハザード6

バイオハザード6