概要

2012年1月20日にティーザーサイトがオープンし、1stトレーラーにおいて同年11月22日発売予定と発表されたが、4月11日に10月4日への発売日変更が発表された。それに合わせて、2ndトレーラーでは発売日の数字が変化する演出が取り入れられている。

Windows版は最大で2560×1600の高解像度のグラフィック出力が可能となった他、新要素としてコンシューマ版よりも多数の敵が登場する「ザ・マーセナリーズ アンリミテッド」が収録されている。プレイにはSteamのアカウントが必要。また、一部対象のグラフィックボードにクーポンがバンドルされており、無料でダウンロードが可能。ダウンロード期限は2014年5月31日までで、各種ダウンロードコンテンツは含まれない。

本作では後述のように世界各地でのバイオテロが展開、武装兵の他に避難民やテレビ局など民間人の「エキストラ」が登場し、過去作以上の臨場感を醸し出している。

 

体験版

同年5月24日に発売された『ドラゴンズドグマ』では、本作の体験版を先行ダウンロード出来るコードが数量限定で同梱され、Xbox 360版では、2012年7月3日よりXbox LIVE マーケットプレースにて、PS3版では、9月4日よりPlayStation Storeにて、それぞれダウンロード開始。通常配信用の体験版は9月18日にPS3、Xbox 360で同時配信された。こちらは先行配信用の体験版とは内容が異なるものになっている。

 

バイオハザード6 スペシャルパッケージ

3,990円に値下げした廉価版。2013年8月8日発売。紙製のケースに、通常版『バイオハザード6』のパッケージと特典の「スペシャル映像DVD」、全てのダウンロードコンテンツがダウンロードできるプロダクトコード(有効期限は2013年12月31日)が同封される。

また、PlayStation Storeにて全てのダウンロードコンテンツが適用済みの『バイオハザード6 DLC All-In Package』が3,600円で配信(2014年1月6日までの期間限定)されているが、こちらにはスペシャル映像DVDのコンテンツは含まれない。

 

wikipediaより引用


基本情報
ゲームの総合掲示板 ゲームラインBBS

バイオハザード6

バイオハザード6