登場人物

BSAA所属隊員

クリス・レッドフィールド(Chris Redfield)

声 – ロジャー・クレイグ・スミス / モーションアクター – ルーベン・ラングダン
年齢35歳、身長185cm、体重98kg、血液型O型。
『バイオハザード』、『バイオハザード CODE:Veronica』の主人公で、今作でも主人公を務める。ラクーン市警特殊部隊S.T.A.R.Sの元メンバーであり、数少ない生き残り。『CV』で南極基地を脱出後もアンブレラ社を倒すべく、元同僚のジル・バレンタインと共に活動を続けていた。現在は新組織BSAAの北米支部に所属。創設時からのメンバー「オリジナル・イレブン」で、アンブレラを倒し数々のバイオテロと闘ってきた英雄として組織のエージェントたちからは畏敬の念を受けている。しかしそれだけの闘いを経てなお世界各地で起こり続けるバイオテロに疲れを感じ、闘いに対する意義を見失いかけてもいた。エージェントとしての能力は一級品で射撃技術は正確無比。またS.T.A.R.S.時代から20キロ増量しており、重量級の体術を繰り出して敵を打ち倒す。

 

シェバ・アローマ(Sheva Alomar)

声・モーションアクター – カレン・ダイヤー
年齢23歳、身長165cm、体重52kg、血液型AB型、左利き。
アフリカ出身の黒人女性。今回クリスの相棒として任務をこなす、もう一人の主人公。西部アフリカ支部所属。過去にアンブレラの実験に巻き込まれ両親を亡くしており、バイオテロに対して激しい憎しみを抱いている。その後反政府ゲリラとして活動し、BSAAエージェントにスカウトされて渡米、様々な特殊訓練を受けた。戦闘能力は高く、しなやかな身体から繰り出される体術は教官から最高の評価を受けている。なお、他のキャラクターを操作する際には画面左側に寄るが、彼女を操作する時のみは左利きである為、キャラが画面右側に寄る。2周目以降では一人プレイでも使用可能になる。

 

ジョッシュ・ストーン(Josh Stone)

声 – TJ・ストーム
年齢35歳、身長185cm、体重93kg。
西部アフリカ支部所属のベテラン隊員で、デルタチームの隊長。シェバがBSAAに入隊した時の訓練教官で、他の隊員たちとともに彼女のことを妹のように大切にしている。本来はクリス、シェバと合流してアーヴィングを逮捕する筈であったが、クリーチャーの襲撃によりデルタチームが壊滅したため単独でクリスらを後方支援する事になる。前線部隊の隊長として部下達を指揮する一方、モーターボートやヘリなどの操縦や様々な銃器の扱いに長けるなど一兵士としても非常に優秀。
「THE MERCENARIES」モードでは、ヘリコプターを操縦して迎えに来てくれる。

 

ダン・デチャント(Dan Dechant)

声 – Jim Sonzero/Douglas Rye
年齢53歳、身長185cm、体重89kg。
西部アフリカ支部所属。アルファチームの隊長。物語序盤で、一時はアーヴィングの確保に成功するも、仮面の人物が放ったB.O.W.の攻撃に遭い、アルファチームは彼を残し全滅。クリスにデータを託し死亡する。

 

レイナード・フィッシャー(Reynard Fisher)

声 – ライアム・オブライエン
年齢35歳、身長180cm、体重85kg。
西部アフリカ支部所属の潜入工作員で、キジュジュ自治区の精肉業者に変装している。クリス達に武器を提供してくれたが、それが原因で正体が発覚した為、処刑マジニや住民マジニによって公開処刑された。ちなみにPShomeにも登場している。

 

カーク・マシソン(Kirk Macison)

声 – Chris Mala
年齢28歳、身長179cm、体重80kg。
西部アフリカ支部所属。ヘリコプターのパイロットで、上空からの支援と情報提供を行うも、キペペオの襲撃に遭いヘリを撃墜され死亡。ちなみにクリスとは面識があり、バイオハザード リベレーションズでも登場する。

 

デイブ・ジョンソン(Dave Johnson)

声 – ルーベン・ラングダン
年齢27歳、身長約180cm、体重77kg。
西部アフリカ支部所属。デルタチーム隊員。デルタチームで狙撃手として活動し、(カークのヘリ墜落現場でのライダーマジニ襲撃時に援護に来たデルタチームのスナイパーの中にもいる)チームのハンヴィーの運転手担当する。
ン・デスの襲撃時にはクリス達の援護に向かった為、難を逃れた。
ライダーマジニとの激闘の末、無事クリスらとキジュジュ自治区に戻るも既にデルタチームは全滅しており、自身も車から降りて仲間の遺体に近寄った際に、クリーチャーに踏まれ圧死。

 

ジル・バレンタイン(Jill Valentine)

声・モーションアクター – パトリシア・ジャ・リー
年齢33歳、身長172cm、体重56kg、血液型B型。
S.T.A.R.Sの元メンバーで、クリスの相棒として長い間アンブレラと戦い続けてきた女性。クリス同様BSAA創設時からのメンバー「オリジナル・イレブン」であったが、3年前のスペンサー拘束任務の際、ウェスカーとの戦いでクリスを助ける為に自ら犠牲となって、崖下に落ちてしまう。その後3ヶ月に及ぶBSAAの大規模な探索が行われたものの、結局彼女の死体どころか、遺留品すら一つも見つからなかった。そして2006年11月23日、公式に死亡とされたが、クリスの元に彼女の生存をほのめかす情報が寄せられている。

 

ダグ(Dag)

追加エピソード2「DESPERATE SCAPE」に登場。 西部アフリカ支部所属の黒人ヘリパイロット。陽気な性格でジルの事をレディ・バレンタインと呼ぶ。ジルとジョッシュの救出のためヘリで駆けつけるが、2人がヘリに搭乗した際、マジニが放ったスティンガーミサイルの直撃により爆死。

 

トライセル及びアンブレラ関係者

アルバート・ウェスカー(Albert Wesker)

声 – D.C.ダグラス/ モーションアクター – ケン・ラリー
年齢48歳、身長190cm、体重90kg、血液型O型。
元アンブレラ主任研究員かつ工作員であった男。“アンブレラ事件”では特殊部隊S.T.A.R.S.の隊長として潜伏し部隊を壊滅させた、クリスの宿敵と呼べる人物。その際、自らの死を偽装するため、特殊なウィルスを用いて一度死んだ後、超人的な肉体を得て蘇っている。数年前にスペンサーの隠れ家でクリスたちと交戦し、ジル・バレンタインと共に断崖へ転落したはずだったが、今なお生存して事件の裏側で暗躍する。性格は冷酷非情で、自分以外の人間は完全に道具としか見ていない。これまでアンブレラが開発したウィルスの全て(T-ウィルス、Gウィルス、T-Veronica)やプラーガを入手しており、今回それらのウィルスの原型である“始祖ウィルス”を入手。それを改良した“ウロボロス・ウィルス”を開発し、世界のバランスを変えるという“ウロボロス計画”を立案、遂行する。

 

リカルド・アーヴィング(Ricardo Irving)

声・モーションアクター – アラン・グローヴス
年齢20代後半~30代前半、身長180cm、体重75kg。
トライセル社のアフリカ支社資源開発部門に勤める尊大かつ横柄な男性。「ビジネスマン」を自称し、表向きは同部門所有の油田の所長だが、正体は有機生命体兵器(B.O.W.)を闇市場で売り捌く死の商人。また、ウロボロス計画のための資金の調達役でもある。金のためなら人間が何人死のうと気にも留めない冷血漢で、キジュジュ自治区やンディパヤ族を改良型プラーガで汚染させた張本人。同時にBSAA部隊の殲滅も計画していたが、クリスたちの予想外の奮闘によって逆に商品のB.O.W.を次々と失ってしまう。責任を問われることを恐れてひそかに着服した金を手に逃亡を図るが、仮面の人物にあっさりと捕まり、最後通告として渡された支配種プラーガの胚を自らに投与し、巨大な怪物と化してクリスたちと相対する。

 

エクセラ・ギオネ(Excella Gionne)

声・モーションアクター – ニーナ・ファレン
年齢20代中盤~後半、身長175.1cm、体重55kg。
一流モデルのような美貌を持つ、トライセル・アフリカ支社の女社長。ヨーロッパでも名の通った貿易商の一族“ギオネ家”の令嬢で、トライセルの創業者の血筋にも連なる。傍流の家系だが、飛び級を重ねて大学を卒業したほどの才能と、ウェスカーからもたらされた生物兵器の技術を用いて現在の地位を確立した。それゆえにプライドも高く、特に男性に対して見下す傾向が強いが、自分以上と認めたウェスカーには心から尽くし、計画の手助けをする。しかしウェスカーにとってはやはり道具に過ぎず、最後はクリスたちを排除するための捨て駒にされてしまう。
本作から数年前を舞台にしたバイオハザードリベレーションズの初期予約特典として「ジェシカズリポート」のDVDがある。その内容はジェシカが謎の人物からインタビューを受ける形式で作品の背景・登場人物を紹介するというものである。カプコンのバイオハザードリベレーションズ公式Webサイトのスタッフブログにて、人物名は出していないものの、その謎の人物がエクセラであることをほのめかす記述がある。

 

仮面の人物

黒い迷彩柄のフードに身を包み、鉄の仮面で顔を隠している謎の人物。アーヴィング曰く「エクセラのおもちゃ」で、エクセラの意思に従って行動しているらしい。その声色から、性別は女性である事が伺える。常人離れした身体能力を発揮しており、体術のみで銃を使用しているクリスとシェバを相手に全く引けを取らない。
後にその正体は失踪したジルということが判明する。

 

オズウェル・E・スペンサー(Ozwell E. Spencer)

声 – アダム・クラーク
年齢75歳前後、身長179.4cm、体重65kg。
巨大製薬企業アンブレラ社の創立者。これまで姿や目的は一切謎に包まれていたが、今作でついに登場する。エドワード・アシュフォード、ジェームス・マーカスらと共に“始祖ウィルス”を発見し、その研究を隠蔽するためにアンブレラ社を設立、数々の犯罪行為や非人道的な実験を繰り返してきた。アンブレラ崩壊後は世界中を移動し、各地に用意された隠れ家で隠遁生活を送っていたが、数年前、クリスたちが隠れ家に潜入する直前にウェスカーと再会。己の真の目的と、ウェスカー自身に隠された重要な秘密を告げた後に彼の手で惨殺される。

 

wikipediaより引用


基本情報
ゲームの総合掲示板 ゲームラインBBS

FF15

FF15

人喰いの大鷲トリコ

人喰いの大鷲トリコ